読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのばあちゃん~認知症と生きるばあちゃん日記~

認知症とともに生きるばあちゃんと家族の生活を書き留めておくブログ。

ばあちゃんは寂しい病。

 

 

寂しい寂しい…故郷に帰りたい…

 

これ、ばあちゃんの口癖。

 

 

ばあちゃんは毎日寂しいを連呼する。

 

家族がいても、みんなが出かけてても、

 

寂しい寂しいなあ。寂しいよーー。

なんでこんなところに住んでるんだろ。

誰もおらん。ばあちゃんはこの家でいつもひとりじゃ。(いまはもうひとりにさせてないで?いつも誰かおるで?)

 

って言う。

 

認知症になる前から寂しがり屋なばあちゃん。

きっと、若い時に楽しい暮らしをしてたからかもなーーって思う。

いつも昔の、東京で暮らしてたときの話や、きょうだいといたときの話を楽しそうに言うから。

 

その思い出(昔のことは忘れてない)があるから今が寂しいんかなって思ったりもする。

 

 

 

今はたぶん不安が一番にあるんだろうけど、とにかく寂しい、心配、心細い、で

 

誰かがいないと(特にじいちゃん)パニックに陥って、探したり(畑、近所の家、駅とか)、電話かけたり(親戚、娘、お店にまで!)するわけで。

 

 

こっちも必死にとめるけど、 ばあちゃんも必死やから、やめさせるにも逆ギレされたり、聞いてくれなかったりしてもう言うこっちがへとへとになってて。(もっと上手な方法があるはず!と模索中)

 

 

いつもならみんなが学校とか仕事に行く平日は、じいちゃんも家から出んし、出たとしてもばあちゃんと一緒に出かけるんやけど。

 

たまたま今日はじいちゃんだけが出る用事があって。

私もお昼から授業だったから、昼の45分間だけばあちゃんがひとりになる時間ができて、さあどうしようと。

 

じいちゃんと一緒に行くと言っても車の中でひとりでおれんって言うし、家でひとりではまた電話かけたり近所の人巻き込んで誰もおらんー!って騒ぐだろうし。

 

こりゃどうするかと。

 

じいばあ私で考えた結果、もう近所の人に頼もうってことに。

 

で、近所の人の家に行って、一緒におってやって下さい!すみません!ってお願いしたら、用事が終わってから来てくれることになった。

 

じいちゃんが出かけてからは私も授業にギリギリ間に合うか!っていう時間まで家でおって、近所の人が帰ってきたらすみませんー!お願いします!って頭下げて(近所の人も遅くなってごめんよー!気をつけて行きなよー!って言ってくれてめっっっちゃ優しかった(涙))、学校にビューーン。

 

 

 

運転中

 

ばあちゃんのことが気になって、心配してないかなー、上手くやってるかなー、近所の人とどんな話してるんかなー、迷惑かけてないよなーいけるよなー、とか考えながら

 

ふと、この状況を振り返って

 

あれ?わたし子守りしてんのかな?

 

ってちょっとニヤけた(笑)

 

 

 でも、本当に近所の人や親戚がばあちゃんやじいちゃんのことを心配してくれて、いいよって笑って許してくれたり協力してくれたりしてるから恵まれてるよなぁ。(本心どうなんかは知らんけど。知るのこわい。)

 

家族以外のひとが話しかけてくれるだけでも、やっぱり精神的に違うと思うし、話すことがまず良い事やもん。

感謝しなければ。

 

 

 

家族だけじゃ抱えきれない時あるもんね。すごくありがたい。

 

 

近所の人の付き合いとかも全部じいばあがしてきてくれたものなのか…って考えたら、じいばあにも、ありがとう。って思う。