読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのばあちゃん~認知症と生きるばあちゃん日記~

認知症とともに生きるばあちゃんと家族の生活を書き留めておくブログ。

家飛び出しちゃった…

 

 

きょうは、夜中、なかなか寝付けれなかったばあちゃんと一緒に寝た。

 

うとうとしてたばあちゃんがふと起きて、隣に寝てるのが私って気づいたときに。

 

ぎゅっとしてくれて

 

「だいすきだよーー」

 

って言ってくれたのがめちゃくちゃ嬉しかったし、癒された~( ´ω` )

 

お昼は約束してたから買い物と温泉へ。

 

ばあちゃんはしんどい、胸がいたい、行きたくないって言って、買い物は車の中でお留守番。温泉には説得して一緒に。

 

嫌々入った温泉やけど、入ったら笑顔になって、

 

「気持ちいいな~熱いくらい。(にこにこ)」

 

話かけてくれる人もいて、機嫌が良くなったから嬉しかった~!

 

1時間入ってたかな、もうしんどいって言うから出て、やっぱり気になるのはご飯のことや家族のこと。

 

「ご飯買いに行かなあかんな、もうみんな帰ってきとんちがう?今日みんなここ(温泉)来てるんじゃないん?」

 

今日は私がするって言うてたから、心配せんでいける、買い物もしてる、みんなはまだ帰ってこんって言うと安心してた。

 

帰ってすぐ、食事の準備に取り掛かる。

 

ばあちゃんにもできるだけやってほしくて、ばあちゃんには野菜切る係をしてもらった。

 

私なんかよりもちろん上手く切ってくれるばあちゃん。

 

私がお願いした通り切ってくれて、途中言い合いはあったものの無事、野菜の蒸し焼きとコンソメスープが完成。

 

6人分ばあちゃんに分けてもらって、おとんとおかん以外の家族4人で一緒に食べて、ばあちゃんもおいしいって言ってくれながら食べて終わって。

 

ちょっと眠くなったから布団にもぐったとき、帰ってきたお父さん。

 

たくさん食べるお父さんにはたくさん食べてもらいたい、食べさせてあげたい!って思っているばあちゃん。

 

私はお父さんにも身体に気をつけてもらいたくて、塩分控えめに、量も少なめにしてほしいって思っている。

 

一応、料理不得意でも、それなりに考えてしてる献立。

 

だったのに、私が寝てる間にスープが醤油に変わってた。

 

 

「醤油」って言うと大袈裟かもしれんけど。

 

まじで醤油。

 

こんなん飲めれんやん!ってくらいの濃さで。

 

 

前にも結構そういうことあったから、料理がなにかに化けたかも…なにかばあちゃん加えたんちゃう…って心配になって飛び起きて確認したのはお父さんが食べたあと。

 

お父さんにそのお汁を飲ませたのかはわからんけど、なんか、私の考えが踏まれた気がして、泣きそうになって、

 

「ばあちゃん、なんで醤油いれたん?こんなん濃くて飲めたもんじゃない。なんなん。なんでそんなことするん。作っとんのになんでそのまま置いといてくれんの?」

 

みたいなこと(きっともっとひどいことをたくさん言ったと思う)をぶわーーーって言ってしまった

 

ばあちゃんも

 

「なに?なんもしてないよ。知らんよ。覚えてない。もうしらん。わからん。わたしもうこれから料理なんもせん。」

 

って言って

 

「わからんのだったらなんでするんよ。」

 

「そんなん言われたってメロンちゃんが作ったことも知らんし、触ったらあかんことも知らんもん。」

 

わかる。わかるよ。触らないでって書いてなかった私が悪いし、ばあちゃんが忘れてしまうのもわかる。わかってるん。でも悲しさとかわけわからん感情が溢れててもう口から出る言葉を止められず

 

ギャーギャーばあちゃんと言い合い。

 

見かねたじいちゃんが私に

 

「もう、あんまり、言われん。」

 

 

結局、悪いのは全部私か。そっか。そうやんな。

 

 

となり、

 

わかってるのに、怒ったらあかんのわかってるし、我慢も必要なのに

 

じいちゃんにも

 

「なんで私がそんなん言われるん!?!?」

 

 

となり。

 

 

感情のまま車でぶーーんと飛び出しちゃった。

 

 

飛び出す前にばあちゃんに

 

「どこ行くん!?待って!!!」

 

と止められたけど、無視して飛び出しちゃった。

 

ひとりになって思う。

 

ばあちゃんごめん。

 

 

まじわたし子ども。またばあちゃんを傷つけた。自己嫌悪。

 

お昼、家に帰って、ばあちゃんとの時間つくろう。そうする。