読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのばあちゃん~認知症と生きるばあちゃん日記~

認知症とともに生きるばあちゃんと家族の生活を書き留めておくブログ。

鏡。

 

家でいるとばあちゃんはすごくネガティブになる

家族が怒鳴ったり、無視したりするから。

 

「私やいらん存在や。みんなにのけものにされて。」

「もう身体がしんどい。つらい。きょうだいのところに行きたい。」

 

今日もずっとひとりで部屋にこもってぶつぶつ言う。

 

どんどん後ろ向きになるばあちゃん。

 

ずっと家にいて、動かずにいると、ばあの身体も気持ちもだめになってくわって思って気分転換に近くのスーパーに買い物に行こうと誘ったら。

 

「ごめんね、今日は無理。明日行こう。もうしんどいんよ。」

 

ってすごく暗い表情で、しんどそうな表情で断られて。

 

最終的には玄関に、駄々こねる子どもみたいに座りだしていやいや言う。

 

でも、何回も、ばあちゃんについて行ってほしいって言ったら、早く帰るならっていう条件で、車に乗ってくれることに。

 

話をしながら車に乗ってたらみるみるうちに表情が明るくなって、スーパーについても普通に歩いてくれた。しんどいしんどい言っていたのに、階段までのぼってくれた。

私が笑って声をかけると、ばあちゃんも笑って後をついてきてくれる。

 

私が行きたいところにばあちゃんを連れて行って、スーパーぶらぶら。

 

腰がいたいって言いだしたから、フードコートでフローズンも飲んだ。

 

おいしいおいしいって言いながら、飲むばあちゃん。

 

 

笑顔で飲みながら話をしているばあちゃんは、家にいるばあちゃんとは別人みたいで。

来てよかったと思った。 

 

 

飲み終わって、さあそろそろ帰ろうってなったとき、

「メロンちゃん連れてきてくれありがとう。来て良かった。」

 

来る前は早く帰りたいっていっていたばあちゃんが、そう言ってくれた。

 

 

家に帰っても

 

「楽しかったな。また行こうな。またみんなで行こう。」

 

と言うばあちゃんに心がほっこり。

 

 

毎日一緒にいると、ずっと優しくっていうのは、やっぱりなかなかできんくて、怒ったりイラっとしたりすることもあるけど、そういう気分のときはばあちゃんもイライラしてたり、悲しんだりしてる。

 

家族に余裕があったら、ばあちゃんも心に余裕がある気がする。

話し相手が優しかったら、ばあちゃんもみんなに優しい。

話し相手がテンション高かったら、ばあちゃんもテンション高くなる。明るい。

 

つくづく、鏡みたいやなあっと。